虚空のマーリン 〜異世界に転生したら激弱(?)な記憶喪失って何でやっ!〜

「Sie werden von der Geschichte, die vor Ihnen liegt, getäuscht.」

虚構深淵聖域イデア。
それ即ち、空想の世界。その世界には幻想が存在出来る素晴らしい世界。その世界には、人間の願望が具現化したアバターのような存在「アミール」と呼ばれる戦士達が正義と悪を成している世界でもある。

【序幕『少年と聖域』】
記憶喪失の少年の話をするとしよう。
現実世界から異世界に転生した少年は、「自分」を知らなかった。
これは己を知る為の始まりの物語である。

【第一幕『呪われた妖刀を持つ少女剣士』】
兄弟を愛する少女の話をするとしよう。
少女にとっての身内は、“義”兄弟しかいなかった。
これは家族の絆を守る為の物語である。

【第二幕『彷徨う十字架武将』】
友を信じる女達の話をするとしよう。
彼女達の中の彼女は、親友である男にある言葉を伝えたかった。
これは友情を忘れない為の物語である。

【第三幕『血塗られた笛吹き少女 アリス』】
殺しの大好きな少女の話をするとしよう。
少女は、あるモノが殺しをしているところを見て、快感を覚えてしまった。
これは空想に惑わされない為の物語である。

【第四幕『神をも撃ち殺す復讐者』】
・・・とある男の話をするとしよう。
男は神の存在を憎んだ。特に■■■■■はこの手で何としてでも殺したかった。
これは神を恨んだ男の復讐を止める為の物語である。

歴史や物語などを取り入れた小説となっておりますが、違う情報も書かれているかもしれないですのでご了承ください。まだまだ未熟な文章ではありますが、宜しくお願い致します。
24hポイント 0pt
小説 82,752 位 / 82,752件 ファンタジー 24,050 位 / 24,050件