夢見る末端庶民を迎えに来たのは王子様でなく指名手配犯でした

*改題しました(2020/4/11)
幼い頃に両親を亡くし、城下の高級料理店へ奉公に出されて早10年。いつか王子様が救い出してくれる、そんな妄想がサリアナにとっての唯一の楽しみだった。そんなある日、騙され手籠めにされそうになったところを助けてくれたのはなんと指名手配犯!?

オルターニャ王国の皇太子は追われていた。大事な大事な後宮行事を抜け出したから。子を成すことが最終にして最高目的の女性たちに興味はない。むしろ怖い。好きになるなら、見た目も、地位も関係なく、自分を愛してくれる心の綺麗な女性だ。それはきっと、彼女のような。

いい歳をして未婚の皇太子とその友人2人。それぞれ立て続けに出会いが訪れるも、全てが絡み合うようにして運命は回り出す。

誤解×身分違い、それでも―――
恋に落ちるのはとめられない!


*後半ファンタジー色強めです。番外編は阿呆なR-18です。
24hポイント 0pt
小説 99,370 位 / 99,370件 恋愛 27,636 位 / 27,636件