Evolutionary Creature Birth Program

20XX年、とある著名なアマチュア天文学者がいつもの如く夜空を観測していた時に小天体を発見した。
名称は『20XXHC』発見2ヵ月後、有識者会議が発足し、正式名称が『パンゲアD』と決定して後、『20XXαゴンドワナ』と『20XXβローラシア』が新たに発見され命名された。

小天体が発見された年から約3年の時間が経過した後、世界政府(国連)の第18代事務総長のクリステル・ヴィードストランドより全世界同時放送が行なわれる事になった。



全世界のこの放送をごらんの皆様、ごきげんよう。
United Nations第18代事務総長のクリステル・ヴィードストランドです。
今日の放送は全世界同時放送にてお送りしています。

確か…今日のこの日から…おおよそ1年ほど前でしょうか、今日この日に今回の放送を行なう事が決定し、私がどれほどのプレッシャーを感じた事か…皆様は想像できないでしょう。

もし誰かが代わってくれるというならば私はどれほど喜んだ事か…だが、第18代事務総長としての責務から逃れるのは本意ではなかった私は今ここに居ます。

では、さっそくではありますが説明に入ります。



彼の口から20年後に地球に衝突する小惑星『20XXαゴンドワナ』と、25年後衝突する『20XXβローラシア』の報告がなされた。
24hポイント 21pt
小説 19,195 位 / 111,694件 SF 233 位 / 3,204件