隣国の王子は、人形姫に恋をする

「君とは、婚約破棄させてもらう!」
「お姉さま。ごめんなさい。恋をしてはいけない相手と存じていましたが、どうしてもこの思いを消せなくて…」
「いいんだ。アーニャ。私も君に対するこの熱い思いは消せないのだから。そう、僕たちのこの熱い思いは、誰にも消したりなんかできない…!!!」
「デオン王子…」
「… … …」

 ここ、笑うとこ?

王妃になるために努力していたアリシアだが、妹に婚約者の王子を奪われてしまい、すっかり無気力になってしまう。あまりに無気力なため、次第に「人形姫」と呼ばれるようになる。
あるパーティに出席すると、そこには隣国の王子が出席していた。
すっかり心を閉ざしてしまった「人形姫」に王子は、一目惚れして、自分の国に連れ帰ったのだが…?
24hポイント 14pt
小説 20,230 位 / 96,702件 恋愛 8,287 位 / 26,728件