間違えて呼ばれたみたいなんで、神獣と一緒に国を出ます。聖女じゃない俺は、不要なんだよな?

「まさか俺が聖女として召喚されてしまうとはな…やはり時代はジェンダーレスか…」

聖女を召喚したら、事故で俺が召喚されてしまった。
一応、俺にも浄化の力があるらしい。だが、この国の奴らは、あくまで「聖女」がいいらしい。
残念なことに(俺は別に残念ではないが)、俺は、男の娘ではない。女装が似合うような体格も顔も持ち合わせていない俺は、この国にとっては、不要な存在らしい。

代わりにどっかの貴族令嬢を聖女ということにするのはいいけど、俺が不要って言うんだったら、俺はお前たちの信仰している神獣様と一緒に国を出るけど、いいよな?
24hポイント 248pt
小説 4,463 位 / 105,196件 ファンタジー 963 位 / 27,932件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

月が導く異世界道中

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:77681pt お気に入り:31578

余りモノ異世界人の自由生活~勇者じゃないので勝手にやらせてもらいます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:114999pt お気に入り:16216

家に住み着いている妖精に愚痴ったら、国が滅びました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:16663pt お気に入り:9954