婚約者の幼馴染って、つまりは赤の他人でしょう?そんなにその人が大切なら、自分のお金で養えよ。貴方との婚約、破棄してあげるから

「あのね。ずっと言いたかったんだけど…赤の他人の医療費をなんで、私が払わないといけないの?」
「それは、彼女は病気なんだ。仕方ないだろう」

…?
私は、医療費のことを言っているのに、なぜ仕方ないんだ?

婚約者(仮)の父親に世話になったお返しとして、今まで、ずっと我慢してきた。
しかし、もういいだろう。

婚約者(仮)も赤の他人の幼馴染の女もその両親までもが、なぜか金を出している私ではなく、婚約者(仮)にお礼を言っている。
私の存在なんて、まるで無視だ。

なんなんだ。金は出して当然なのか?私の稼ぎが少しばかりいいから?だからなんだ。それが金を出す理由になるのか?そしたら、金を持ってるやつは、皆、持ってないやつに渡す義務があるのか?お礼を言わなくていいのか?当然の義務なのか?違うだろう!

「貴方とは、婚約破棄します。良かったですね。これで、いつでも貴方の最愛とずっと一緒ですよ?」

どうしたんですか?そんな顔して。
頑張って、貴方の最愛の為に働けばいいでしょう?
24hポイント 4,288pt
小説 461 位 / 102,119件 ファンタジー 124 位 / 27,403件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

二人の妻に愛されていたはずだった

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:166553pt お気に入り:7488

あなた達は誰ですか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:210612pt お気に入り:13517

王子の転落 ~僕が婚約破棄した公爵令嬢は優秀で人望もあった~

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:52150pt お気に入り:2393

婚約者が浮気をしていたので、置き手紙を残して失踪してみました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:261820pt お気に入り:9276

婚約者の座は譲って差し上げます、お幸せに

恋愛 / 完結 24h.ポイント:34635pt お気に入り:88