私が作るお守りは偽物らしいです。なので、他の国に行きます。お守りの効力はなくなりますが、大丈夫ですよね

私の家は、代々お守りを作っている。
元々、神様に仕えていたご先祖が、神様との橋渡し役としてのお守り。
後利益も効力も他のお守りとは、段違いだと、わざわざ長い時間をかけて買いに来てくれるお客様もいるくらいである。
なのに、どっから湧いてきたのか変なおっさんが、私のお守りは、パクリの上に、にせものだと被害届を出しやがり、私のお店はつぶれてしまった。
ムカつくので、他の国に行きます。
お守りの効力はなくなりますが、私のお守りは偽物らしいので、別にいいですよね?

※本来、お守りは「売る」「買う」とは、言いませんが、そこも含めてファンタジーとして、読んでください。
24hポイント 844pt
小説 1,830 位 / 120,825件 ファンタジー 443 位 / 31,462件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

貴女の過ちは、『真実の愛』などという胡散臭いものを持ち出したこと。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:168761pt お気に入り:3767

月が導く異世界道中

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:162939pt お気に入り:38485

家族に売られた令嬢は、奉公先で溶けるほど甘やかされてます。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:71904pt お気に入り:11831

姉の婚約者が婚約破棄したいそうです

恋愛 / 完結 24h.ポイント:3727pt お気に入り:45

高嶺の花がいなくなった日。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:118883pt お気に入り:6201

私が死んで満足ですか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:189451pt お気に入り:10070