きみとならきっと、生きたいと思う

まだ14歳の少女は、両親からの虐待とネグレクト、そして「日常」に対する虚無感から死を選んだ。
けれど、少女は目を覚ました。見慣れた自室の、ベッドの上だった。
まるで死に取り憑かれたように、少女は再び屋上に立つ。しかし二度目は、声がかかった。
「間宮さん、危ないよ」
死を繰り返す少女と、少女を生かそうとする少年。「生きる」ということを巡ってそれぞれの事情が交差した末、2人が選ぶ未来の話。
※殺人描写があります。ご注意ください
24hポイント 0pt
小説 111,847 位 / 111,847件 ライト文芸 4,865 位 / 4,865件