君と最後の夏

大学四年生である加地雅紀の元に、一ヶ月二十万円のアルバイトの話が舞い込んだ。内容を聞くと、どうやら「とあるおじさんの亡くなった娘役」をするだけでいいらしい。明らかにおかしな話ではあるけれど、ひと月二十万という誘惑には抗えず、雅紀は指定された場所へと向かう。――心に傷を負った雅紀と、謎の多い雇い主の「おじさん」。二人きりの、嘘で塗り固められた夏休みの一ヶ月が始まる。
24hポイント 0pt
小説 111,844 位 / 111,844件 ライト文芸 4,864 位 / 4,864件