継承のエルキュリエ

 世に暴君姫と恐れられたラキエ=アレクサンドラが追放されて七年。ラキエのいなくなったグラウツ王国は西のデオロクス帝国から大規模な侵攻の脅威にさらされていた。国力十倍以上の大国を前に、グラウツ国王は苦渋の決断としてエレベナウス三号勅令を発令する。それはデオロクス皇帝を倒した功労者には身分と国籍を問わず第二王女、セルマ=アレクサンドラを嫁がせるというもの。事実上、グラウツ王国の玉座を譲るに等しい勅令だった。
 エレベナウス三号勅令を受け、グラウツ王国の傀儡政権を目論む周辺各国は相次いでデオロクス帝国に宣戦を布告する。一方でグラウツ国王は王国の独立を維持するため、国内の軍備も拡張し大規模な募兵政策を強行する。成功を夢見る者達が名乗りを上げる中、かつてラキエが愛用した妖剣エルキュリエを携えた一人の青年がグラウツ王国軍の門戸を叩こうとしていた。彼の名前はニール=サレン。功績を挙げるべく前衛部隊に志願したニールだったが、不本意ながら投石兵に編入され、エルキュリエは同時期に入隊した少女、フェミア=ケルセイスの手に渡ってしまう。
24hポイント 14pt
小説 16,849 位 / 63,971件 ファンタジー 3,735 位 / 20,022件