魔導世界の契約剣奴

 魔力を宿す魔導士が戦場の英雄となり、剣が廃れたある世界。

 活躍の機会を奪われた剣士は剣奴と呼ばれ、魔導士達にとっては興じ物に過ぎない剣闘試合(ブレイド・ストラグル)に命を賭けていた。

 ブレイド・ストラグルを勝ち残る剣奴、ニレイ=クラッドには実は魔力があり、その力を使って勝利を重ねることでトリックスターの異名を得ていた。

 ニレイはかつての亡国の王女にして剣奴となったキラル=セスティナを娶るため、皇帝主催の剣闘技会である帝王杯に参加する。

 様々な生い立ちの剣奴達を倒すニレイは時に良心の呵責に苛まれるが、キラルのために戦わなければならないのだと、自身を説得する。

そんなニレイの前に決勝戦の相手として現れたのは――
24hポイント 0pt
小説 86,648 位 / 86,648件 ファンタジー 24,797 位 / 24,797件