この世界で魔法が生まれた日

何も代わり映えのない、ありふれた日常を送るごく普通の高校生(一条彼方)。彼は、退屈な毎日の繰り返しに飽き飽きしていた。

小説を読むことが彼の日課であり、彼にとって、いつの間にか小説はありふれた日常に刺激を与えてくれるものになった。

特に、ファンタジーの小説を読むことが好きだった。ファンタジーの世界に没頭し、魔法が使えたり、勇者が魔王を倒したりする物語を夢見た。でも、現実は、そんな小説の世界とは正反対で......。

魔法のような奇跡も起きなければ、善人が損をして悪人が得をすることもある。現実とのギャップに嫌気がさし、やるせない気持ちを持ちつつも平凡な生活を送っていた彼方だが、ある日、思わね出来事をきっかけに、彼の人生は大きく変わることになる。
24hポイント 207pt
小説 3,320 位 / 60,686件 ファンタジー 985 位 / 19,435件