眼鏡師

 長崎で蘭方を学んだ眼医者、田崎右近。 
 江戸では眼科よりも眼鏡を作る眼鏡師の方が儲かると知った右近は、その腕を活かすために眼鏡師の看板を掲げる。
 大金を要する眼鏡は市井には回らず、彼の客は江戸の有力商人から大名といった感じだ。
 そして、そこには御家人の恋愛から大藩の御家騒動まで関わってくる。
 彼の元には、いつも珍事が絶えなかった。

 歴史・時代小説ではありません。
 テレビなどの時代劇を意識した、時代劇小説です。
 史実・考証的におかしな点も多数でます。
 あくまで時代劇ファンタジーとしてお読みください。


24hポイント 0pt
小説 110,866 位 / 110,866件 歴史・時代 1,411 位 / 1,411件