「滄海《わだつみ》のノア」のコンテンツを見ている人は他に…

【カドカワBOOKSから書籍版の刊行が決定しました!11月10日発売予定です。】  事故で死亡したらしく、異世界「迷宮国」に転生することになったアリヒト=アトベは、転移先に出る際案内役と名乗る女性から「探索者の札」を渡される。転移者は全員が迷宮探索者となり、それ以外の生き方を許されないという少々ブラックな世界であると知ったアリヒトは、とりあえず探索者のならわしに従って、札に希望する職業を書くことに。適性があればその職業に就くことができるというのだが、アリヒトは「優秀な後衛が不足している」という話を聞いて、職業欄にそのまま「後衛」と書いてしまう。魔法使いでも射手でもない、迷宮国に今まで存在しなかった職業「後衛」に就くことができてしまったアリヒトは、色々と試しながら「後衛」という職業の持つスキルの有用性、応用性を発見し、理想のパーティメンバーたちを見つけて、探索者の序列を駆け上がっていく。
24hポイント 15,550pt
小説 1 位 / 18,809件 ファンタジー 1 位 / 7,113件
銃好きの結城アタル、彼は社会人三年目。 しかし、彼はひょんなことからその命を失ってしまった。 目覚めた先で待つのは神。神が求めるのは異世界に一石を投じること。 それを好きなように戦っていいと判断したアタルは一つの武器と能力を求める。 彼が求めたのは、スナイパーライフルという武器。そして、それに適した弾丸を製造できるという能力。 神が与えたのは、それに加えて魔眼とよばれる特殊な眼の力。 ただ弾丸を製造するだけの能力。だが、これは多くの可能性を秘めた能力だった。 愛銃とその能力で異世界をアタルが無双する。
24hポイント 8,431pt
小説 6 位 / 18,809件 ファンタジー 6 位 / 7,113件