余命48時間の青年

突然ですが、あなたは余命48時間と宣告されたらどうしますか?好きな物をたくさん食べたいですか?家族・友人・恋人と過ごしますか?答えは様々でしょう。
これは昭和49年…まだ日本では執行当日の言い渡しを行なっていない時の話だ。青年死刑囚・大滝四郎が48時間後に死刑を執行すると拘置所長から通達され、できる限り、願い事を叶えてやると言った。大滝は果たして残り48時間をどう過ごすのか…?

※この物語に出てくる人物・事件・団体などはフィクションです。当時実際に行われていた死刑制度と異なる点がある場合があります。
24hポイント 7pt
小説 5,418 位 / 18,680件 現代文学 62 位 / 797件