Color

名前のない少女は毎日理不尽に堪えて過ごしていた。
それが日常と化していたある日、盲目の少年・白銀に助けられる。
「もう怖くないからね」
...どうしてそんなに優しくしてくれるの?



ーーこれは、そんなどこか色が欠けた2人の物語。
皆様にとっての『当たり前』は、決して『当たり前』ではないのです。








※ほのぼのとした日常が多めです。
色々なことでお疲れの方を癒せたらいいなと思っています。
※1話1000字程で構成してあります。
※更新は不定期になると思います。ご了承ください。
※恋愛要素があります。
※カテゴリーをどれにするか決めかねています。
24hポイント 0pt
小説 68,062 位 / 68,062件 ライト文芸 2,708 位 / 2,708件