アニマルコミュニケーターはきょうも彼らを追跡する。

交通事故に遭った少年は、何故か動物と話せる能力を得た。
その能力の名は『アニマルコミュニケーション』そして、その能力を操る能力者のことを『アニマルコミュニケーター』というらしい。

アニマルコミュニケーションという能力を持った少年は、その能力をつかって様々な動物たちを追跡及び観察することにした。

「ねぇ、そこの君。ちょっとだけ、ついていってもいい?」

もちろん許可もアポイントもとる。
24hポイント 200pt
小説 4,719 位 / 80,343件 ライト文芸 107 位 / 3,660件