奴隷上がりの公爵家次男は今日も溺愛に気付かない

奴隷として生きてきたロクは、ある日大貴族であるアーレント公爵家に買われることとなった。
夜伽か暗殺か。どんな任務を任されるのかと身構えていたロクに、公爵家の人間達は何故か異様に優しく接してくる。
公爵家の次男として迎え入れられ、与えられたものは何不自由ない裕福な生活。

奴隷に貴族がこんなにも優しくしてくれる訳が無いと考えたロクは、この生活が何らかの任務の事前報酬ではないかと解釈。
主人である公爵の為、報酬に見合う成果を出そうと意気込むが―――

何故かデレデレな公爵、過保護過ぎる兄、最強と言われる婚約者まで…?

とんでもない誤解を抱えるロクとそんなロクを溺愛する周囲の人間達の、10年越しのやり直しライフが始まる。


※攻めの登場は少し先です
24h.ポイント 695pt
3,575
小説 1,690 位 / 186,925件 BL 377 位 / 24,218件