左ノ目奇譚

 むかしのことと、いまのこと。因果は時代を超えて今もなお受け継がれる。
 小心者のくせに好奇心だけは人一倍な武家の三男坊、木村進三郎は雨の中、ある山寺で一宿一飯の恩義を受ける。その山寺に代々伝わる、決して触れてはいけない漆箱、気持ちを抑えきれない進三郎はついにそれに手をかける。
 しかしその行ないが現代にまで祟り続けることになろうとは。
 そして現代、木村家の末裔の一人、日本屈指のゼネコン企業創業一族の三男坊、木村佑也にもその因果は受け継がれていた。

 表現上、少々グロテスクな場面があるため、レイティング設定しています。


※本作は「カクヨム」、「小説家になろう」でも公開しています。
24hポイント 0pt
小説 79,543 位 / 79,543件 歴史・時代 1,097 位 / 1,097件