けらけら女、墓場に参ず―食医・九摺李笈助の事件帖

裸の女が墓石と夜な夜なまぐわっている――奇妙な怪談噺が江戸の市中で流行っていた。
森村武臣は、かつての学友で食医の九摺李笈助の元に相談に訪れる。武臣の悩みと、墓石とまぐわう“けらけら女”の正体とは? 和風、ホラー、人情、ちょっぴり謎解き。
24hポイント 0pt
小説 65,802 位 / 65,802件 歴史・時代 761 位 / 761件