悪役令嬢は腹黒ヒロインと手を組むことにした

公爵令嬢のライラは婚約者である第2王子のルドルフのことが大嫌いだった。さっさと婚約破棄したくて堪らなかった。なにせとにかく女癖が悪い上に生来の悪党だからである。婚約破棄に向けて今日も着々とルドルフがやらかした悪事の証拠集めに勤しむ彼女だったが、ある日聞き捨てならない情報を入手する。どうやらルドルフの方もライラとの婚約破棄に向けて何やら企んでいるというものだ。イリナという男爵令嬢を利用してライラを追い詰めようと画策しているらしい。しかもイリナを使い捨てにするつもりらしい。そこでライラはイリナの元を訪れこう言った。

「ねぇ、私と手を組まない?」
24hポイント 356pt
小説 3,546 位 / 105,841件 恋愛 1,850 位 / 29,949件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

そして誰も要らなくなった...

恋愛 / 完結 24h.ポイント:14386pt お気に入り:417

婚約破棄の後にはコーヒーの香りがする

恋愛 / 完結 24h.ポイント:0pt お気に入り:4

(完結)婚約破棄? いえ、私の婚約者はそんなことは言いません

恋愛 / 完結 24h.ポイント:75593pt お気に入り:1423