上 下
52 / 375
連載

番外編・裏掲示板

しおりを挟む
今回は、ワンモア世界の住人の掲示板です
********************************************

 裏掲示板 なんばーがたぶん87ばんめ

1:で、いよいよあっちの世界の人が獣人連合に来れるようになるわけだけどさ、そのへんどう?

2:俺は獣人連合の東の方にある町に住んでいるんだがよ、不安しかないぜ……

3:おいおい、テンションひっくいな。なんでだよ?

4:テンション上がる要素がどこにあんだよ。エルフの森の一件を知ってるとどうもな……

5:ん? あれはエルフ側にも問題はあったろ? 言うべき部分まで伝えていなかったって面はあったんだからよ

6:それは解ってるっての。だけどよ、あいつらは情報は常に開かれているべきだって思いこんでる節があるだろ?

7:──否定できないな。確かにエルフたちのように極端に秘密にしすぎるのも問題ってのはあるが

8:だから、どういう風に情報をどの辺まで伝えれば問題がないのか毎日会議だぜ? 体動かす方が好きな獣人が会議漬けってどんな拷問だよ

9:うっわあ……それは辛いわねえ。

10:エルフに肉体労働の日々を送れって言っているようなものね

11:でも、あの人達は良いところもあるからね。新しい変化をもたらしてくれるのは間違いないし、閉ざされかかっている交流を動かしてくれるし

12:確かにあの人達が来るようになってから、いろんな国に出向く人は増えたよね

13:メリットが無きゃ嫌すぎるだろーが……

14:それらを考慮しても不安しかねえよ!!

15:でも、時計の針は進むんだよねー、腹括って受け入れて何とかやっていくしかないよー

16:ある意味妖精国は良かったよな、あっちの人がやってくるタイミングが早かった分体当たりでやれたから会議とかあんまりなさそうだったし

17:でも結構あちこちでもめたりもしたよ? 総合的に見れば大差ないんじゃないかなー?

18:妖精国は戦争もあったからね……大勢の犠牲者も出したし

19:あの戦争は、あっちの人が援軍に来てくれなかったらもっときつかったね……なんでもあっちの人って、特殊な神の加護? で死ぬことが無いって話でしょ?

20:実際どうだかは知らねーが、明らかに無謀な事をやってるやつもいるよな、んでそいつが死んで消えたってことは無かったからな

21:まあ、あっちの人はこっちの世界に一時期来れるだけの存在って噂もあるし……そういうものと割り切ってるけど

22:って、それはまあそういうもんだなで良いんだよ! 今は受け入れが差し迫ってきている獣人連合の話だろうが

23:でもさ、ここで話してもしょーがなくない? 明らかに混乱ふりまくやつは追放して、協力し合える人は受け入れるでいいじゃない?

24:他も大体そんな感じだよな。前に龍の国で大事な木が勝手に伐採されたって事件があったじゃない?

25:ずいぶんと前だなそりゃ。そういや、あの件は解決したのか?

26:それは私が話そう。犯人の特定に成功した後に下手人を白洲へと強制召喚し、裁きを下した。当然ながら下手人には相応の罰金を払わせた上で追放の刑を下した。一時は磔にするという案も出たのだがな……

27:あ、そういう決着がついてたんだ。で、やっぱり犯人はあっちの人だったわけ?

28:詳しくは言えんが、そういう事だな。やった理由は金儲けのためだそうだ、全く持って嘆かわしい

29:たとえどんな人でも、決まりごとは守ってほしいよねー、守れないならこっちに来ないでほしいってのが本音

30:全く持ってその通りだな。生まれとかは確かに色々と違うが、だからと言ってどんな風にふるまってもいいという訳じゃない

31:そもそも、こちら側もあちこちに決まり事を伝える立札を立てる事を始めとして、人を使って伝えているようにしているのにな

32:はぁ、ますます不安だぜ。獣人連中は気が短いのも多いからな、あちこちであっちの人と喧嘩するようなことにならなきゃいいが

33:のんびり屋の獣人の皆さんって、大体南の方に集まるからねえ。他の場所じゃ喧嘩が頻発するかも

34:別に難しいことを要求している訳じゃないんだぜ? ただ悪口を言わないとか、無駄に争わないとか、他人を馬鹿にしないとかだぞ?

35:あーうん、向こうの人に限らずだけど、人の身体的特徴を悪く言う人ってどうしてもいるんだよねー

36:獣人に対してそんなことしたら絶対喧嘩になるね。てか、私は絶対喧嘩になると思う。ウサギ舐めるな! って

37:のんびり屋が多い牛族の皆さん以外は絶対そうなるわな。牛族の皆さんだって、馬鹿にされ続けたらキレるし

38:牛族の皆さんが切れたら、めっちゃ怖いけどな。普段キレない分、反動がえげつねえ事になるからな……

39:あーあるある、穏やかな人こそ怒ると怖いってのはよっくわかるわ

40:話を重ねるほどに不安になるな、大丈夫かよこれ


 ──しばらくプレイヤーがやってくることに対する不安が話し合われる


477:で、これで残すは魔王領だけってことになるんだな、あっちの人がまだ立ち入れない領域は

478:そだね、あまり魔王領に住んでいる魔族の人とは交流がないね

479:寒いってのがつらい。それさえなきゃな……

480:こっちは吹雪く時すらあるからな。魔王様ももっとほかの種族の方でも過ごしやすいようにしたいらしいが……

481:その辺は魔王様次第か……でも、さすがに魔王様でも自然が相手じゃな……

482:だねえ、新しい防寒具とか、少ない魔力でも寒さに耐えられるようになる魔道具とかが出てこないと……

483:今ある魔法具は、魔力に余裕がある魔族の皆さんじゃないと厳しいもんね

484:そんな寒い地方に住む魔物もめちゃくちゃ強いしな……試しに魔族の皆さんの協力を得て戦ったことがあったが歯が立たなかったぜ

485:あいつらは厳しい寒さに耐えるための進化をしている分、毛皮などが分厚いからな。生半可な攻撃では表面に傷がつく程度だ

486:おまけに魔法もバンバン使うからね。魔族でも油断はできないのよ

487:実際、魔物が原因で死亡する魔族は結構いるぞ。ある程度育った子は、他の国で修行の旅に出すことを検討もされている

488:魔族の皆さんも結構大変そうだな、悩みがない国なんてものはやっぱり無いんだな

489:あっちの人が魔王領に入れるようになる日が来たときにさ、どれぐらい戦えるんだか気になるな

490:もし戦えるんだったら、街の移動をする時に護衛を頼むことが増えるかもしれないね

491:もしそうなったら、信頼できる向こうの人の情報を得るためのやり取りが今より増えそうね

492:そうだな、護衛を頼んだのに、途中から山賊に早変わりするような奴らでは困る

493:向こうの人は、一人一人の差が激しいからな。強さにしろ考え方にしろ

494:だからこそ、はっきりとした情報が欲しいよね。ある程度お金がかかるのはしょうがない

495:まあ、命がかかってるからな……護衛関連は特に

496:まだまだ先だろうが、いつかは来る。その時のためにもっと情報を集めておかねばなるまい

497:向こうの人に関する情報は、これからもっと重要性が上がっていきそうね……

498:まあ、仕方ないだろ。冗談抜きで情報がないと付き合いにくい相手だからな

499:人族っていう点だけが共通している部分だからね。中身は本当にいろいろ

500:要注意人物リストやらが作られるのも当然だわな……
しおりを挟む