この手をのばせば君に【完結】

僕の思春期は、出口の見えないトンネルのようだったーー。


兄の彼女に横恋慕。
部活は怪我でリタイア。
踏んだり蹴ったりの思春期真っ只中。
緒方誠、17歳。高3。

ミステリアスな雰囲気を纏う、絵描き志望の少女。
不破真琴、17歳。高3。

名前が同じ。
利き手が同じ。

運命の糸を手繰り寄せるようにして出会った2人の行く手に待つのは、

過去の医療事故と、ある自殺未遂事件。

2枚の風景画が繋ぐ真実。

彼女が抱える大きな秘密。

全てが明らかになった時、2人はーー?


家族、友達、進路。

思春期の壊れてしまいそうな儚い恋を綴ります。

ミステリー要素ありです。

※毎日更新で、一気に完結目指します。
24hポイント 28pt
小説 7,042 位 / 37,735件 ライト文芸 134 位 / 1,197件