虹の賢者が語るには 〜そこにはかつて、伝説の王がいた〜

とある大陸の小国「アルカンシエル王国」

アルカンシエル王国はとても貧しく、

その若き国王「ファンタスティック・セルリアン」は、苦しんでいる国民たちのために何もしてあげられない自分の無力さを嘆いていた。


そんなある日、偶然迷いんだ地下書庫で光る書物を見つける。

そこには、アルカンシエル王国を救う唯一の手がかり「月の女神セレーネ」について記されていた。

しかし、現在セレーネは封印されており、

その封印を解くためには12人の特別な力を持つ「救世主」を集めなければならない。


そこで、ファンタスティック・セルリアンは

貴族の意見(交換条件?)により、国王と王女という関係を活かした

国王の嫁探しという名目で、救世主を探す旅に出ることになる。






※神様が出てきますか、名前使ってるだけで神話とかは関係ありません。
24hポイント 7pt
小説 24,576 位 / 102,014件 ファンタジー 4,957 位 / 27,393件