心の声が聞こえる公爵令嬢と冷酷公爵様

「お前には、アズウェル公爵の下に嫁いで貰う事になった」

公爵家の三女であったシェリアはある日、当主である父からそう告げられた。
アズウェル公爵といえば、血も涙もない冷酷公爵で知られるお方。大方、姉達に縁談を押し付けられたのだろうと理解しながらも、シェリアはその言葉に頷く他なかった。

これは、心の声が聞こえる公爵令嬢と冷酷公爵様のお話。

小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 49pt
小説 11,496 位 / 105,737件 恋愛 5,335 位 / 29,890件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

絶対に婚約解消していただきます、もう我慢の限界なので

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:9045pt お気に入り:1852

だから、離婚しようと思います

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:44731pt お気に入り:2340

許婚と親友は両片思いだったので2人の仲を取り持つことにしました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:199371pt お気に入り:4432

利己的な聖人候補~とりあえず異世界でワガママさせてもらいます

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:36189pt お気に入り:11285

余りモノ異世界人の自由生活~勇者じゃないので勝手にやらせてもらいます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:126592pt お気に入り:16345

魔力なしの役立たずだと婚約破棄されました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:197075pt お気に入り:5509

この度、筋肉バカ王子の教育係に任命されました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:134pt お気に入り:1328