サラリーマンの後崎。日々の生活に疲れた彼は仕事をさぼり、地元の駅で一人ぼんやりとしていた。
通過する電車を眺めていると、思わず飛び込みたくなってくる。
こんなこと考えてしまう僕、かなりやばいよね。そう思った時、突然彼の視界が歪んできた。
え……何これ……
24hポイント 0pt
小説 125,608 位 / 125,608件 ライト文芸 5,142 位 / 5,142件