赤と黒は混ざらない

この世界には能力者が存在する。10歳辺りになると能力が使えるようになるようだ。
全員が使えるわけでは無い。勿論限られた少人数が。

水鳥市に住む極普通の女子、源あおい。
スポーツ万能で元気な女子、加藤晴。
優しくて、友達想いな女子、道下瑠々。
辛い過去を持つ不思議な子、大橋氷。
堅く真面目で裏のある男子、サファ。
ポテチ愛好家で変態な男子、秋月輝羅。
優しさと怖さをもつ女の子、エメラ。
可愛い容姿だが、怖い女子、桜田青芽。
一人一人が隠している悩み。悲しい過去を乗り越えて。

エロさ100%
グロさ200%
ゆるふわさ120%

『私はあなたを殺すの。絶対に。』

『殺してほしい。そう願ってる。でも、実際貴女は私を殺せない。殺すことなんてできない。そういうものだから。』

『絶望を味わえるだろ?何度も。何度も。』

※この作品はフィクションです。実際の人物名、地域名、団体名、事件とは一切関係ありません。
 また、この作品には性的描写、流血、暴行等が含まれており、18歳未満の閲覧を堅く禁じています。
24hポイント 0pt
小説 74,133 位 / 74,133件 キャラ文芸 1,854 位 / 1,854件