自分のために書く

(もう書けないな)と、半分本気で思っていた時、(あ、自分のために書こう)と思いました。「認知症の詩」が、地道に何となく読まれていることが、励みになったようです。読み返した時、私自身に向かって書いている比重が大きかったのでした。読まれることは幻想のように捉え、その幻想に向かっても書いていましたが…。ひとり作業、続けようと思います。
24hポイント 35pt
小説 13,600 位 / 105,193件 エッセイ・ノンフィクション 194 位 / 3,487件