いつか見た、真っ白な夢

真っ白い壁と、真っ白い天井。カーテンも真っ白で、ベッドのシーツも枕も布団も真っ白な部屋。

『夢はいっぱい視なさい。そしていっぱい語りなさい。大きくなって、たくさんのことを知りなさい。綺麗な夢は、小さいときにしか見れないんだから』

部屋の主である老婆は、そう語りかけてきた。


※pixivで公開していたものを加筆修正しています。表紙は「写真AC」様からお借りしたものを使っています。
24hポイント 0pt
小説 121,537 位 / 121,537件 現代文学 6,283 位 / 6,283件