いつか、散り行く世界に愛を

僕は少女が眠る姿を見ている。
僕は、眠る少女に魅入られていた。
それは儚く可憐で美しい姿だった。
深い眠りに落ちた少女から生える異物は何の為にあるのか、それを僕は考えながらも日々を過ごす。
少女が生かされている意味は……世界は僕と眠る君に決して優しくなかった。ただ見ているだけだった。

──降りてゆく幕の向こう、一握の希望に向かって僕たちは芝居を続けた。


イラスト:0mさま(Twitter ‪@0m_eat)
Picrewの「眠る君を見ている:https://picrew.me/image_maker/14761」にてイラストを作成させて頂きました。

2019/09/08 改題
24hポイント 0pt
小説 59,023 位 / 59,023件 ライト文芸 2,397 位 / 2,397件