だから今日も僕は歌い続ける

メジャーデビューを目指してバンド活動をしていた<クロノアール>
だが、ボーカルの脱退によりその夢が途絶えた。

そんな日の帰り道。
ギターの小川隼人は公園に立ち寄る。
そこで出会った青年、有馬伊月の歌声に隼人は惹かれていく。
24hポイント 7pt
小説 20,939 位 / 87,611件 BL 3,887 位 / 8,451件