陽炎(かげろう)

大学で宇宙物理学を学び、NASAの研究員だった上田栄次は帰国し、実家の農業を継いでいた。
ある日、高校の親友、富田修一とその恋人、三浦涼子と三人で飲み会を開いた。
口には出せないが、栄次は涼子に好意を寄せていた。
まさか親友の彼女に想いを寄せるなど、言語道断だと栄次は涼子の恋心から目を背ける。
だが、涼子も同じ想いだった。
揺れるふたりの想い。栄次は友情と愛情の狭間で苦悩する。真実の愛の意味とは?
24hポイント 14pt
小説 19,623 位 / 100,271件 現代文学 251 位 / 5,242件