ソーサーの中に紅茶をいっぱいこぼしちゃって

香り高い紅茶をテーマにした、3つの短編集
1、『ソーサーの中に紅茶をいっぱいこぼしちゃって』
2、『割れたティーカップとショットグラス』
3、『紅茶作って熱いから冷まそうと思ってフリーザーに入れたら凍っちゃった。』

『ソーサーの中に紅茶をいっぱいこぼしちゃって』
あらすじ/いつもバッチリ化粧をしてデパートのコスメ売り場で働く綾斗(あやと)。お客さんで憧れの拓真(たくま)とベッドを共にするが、次の朝、素顔を見られたくない綾斗は、色んな作戦を考える。前髪で目を覆って、ティーカップで顔を隠す。

『割れたティーカップとショットグラス』
あらすじ/霞(かすみ)と樹一(きいち)は男子校の同級生だった。マッチョな男のゲイバーで編み物をしながらグラン・マニエ入りの紅茶をたしなむ童貞の霞を心配する樹一。しかし、ただの友人だったふたりに突如進展が。

『紅茶作って熱いから冷まそうと思ってフリーザーに入れたら凍っちゃった。』
あらすじ/お腹の空いた広詩(ひろし)は、ケンカして出て行った義忠(よしただ)の家で食べ物を探すが、冷蔵庫も空っぽで、発見したのは本棚の奥にあった紅茶の箱だけだった。義忠は有名ファッションデザイナーで、ホームレスだった広詩をモデルとして育て上げたのだったが。
24hポイント 0pt
小説 59,182 位 / 59,182件 BL 5,059 位 / 5,059件