神の巫女ですが水しか出せない無能と勇者様に追い出されました。水の大切さを思い知らせてあげます。お利口さんになったら可愛がって差し上げますよ?

「お前の能力って役立たずだよな」そう勇者ネイトはパーティーの一員である私、水の巫女エレインに言った。
 水の精霊神の巫女である私は祈るだけで清らかな水を生み出すことができる。
 水は人間が生きていくのに必要不可欠なものだ。
 けれど私の能力に無自覚に頼り切っていた彼は逆にその事を忘れてしまったようだった。
 神の巫女である影響で実年齢通りの外見をしていないことも嘘つきだと罵られた。
「……水は、いつでもたやすくは手に入りませんよ?」 
 この忠告すら愚かな勇者には伝わらなかった。
 私はパーティーから抜けることにした。そのことが何よりの報復になることを知っていたからだ。
24hポイント 5,158pt
小説 375 位 / 77,381件 恋愛 201 位 / 20,413件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

貧乏領主の娘は王都でみんなを幸せにします

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:42746pt お気に入り:6739

悪女の復讐に燃える前世巫女の悪役令嬢は王子の溺愛に気づかない

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:1775pt お気に入り:4069

婚約者の王子が危険すぎるから、奪おうと目論んでいた妹に譲ります

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:26044pt お気に入り:6048

屋根裏部屋の侯爵令嬢は旦那様に愛され過ぎて困ってます!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:53861pt お気に入り:7023

月が導く異世界道中

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:104243pt お気に入り:24916

神によって転移すると思ったら異世界人に召喚されたので好きに生きます。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:11212pt お気に入り:2182