大正異世界お嬢様~美しき花嫁は身代わりの花婿に溺愛される~

【大正異世界お嬢様~ シリーズの第2弾です(第1弾は完結済み)】

久東 一夏は月の帝国でも比較的名門の伯爵家、久東家の長女。

男児のいない久東家の長女として、いずれ婿を取り家を継ぐ予定だった。

しかし、帝国の十にの侯爵家の一つ、卯月家の長男、沙介との縁談が舞い込む。それは、代々美しき妻を迎えるという卯月家の伝統からだった。一夏は現当主に見初められたことをきっかけに、沙介に嫁ぐことになる。

だが、婚約者となって一か月ほどが経った時……なんと、沙介は平民の女性と駆け落ちしてしまったのだ。

卯月家の品格が問われるため、この婚約はなかったことには出来ない。考えた末に出された結論は……次男、翔を代わりに一夏と結婚させるということ。

そして、とりあえず沙介が見つかるまでの間、という契約で翔と婚約者を演じることになったのだが……翔は、一夏が最も苦手とするタイプの男性だった。



*表紙は三日月アルペジオ様より。
*小説家になろう、エブリスタにも掲載中。
24hポイント 14pt
小説 16,013 位 / 64,349件 恋愛 5,475 位 / 16,206件