深海町へようこそ!

小学五年生の沼川幸一(ぬまかわ こういち)は、友達の赤沢新田(あかざわ しんた)、獺沢杏(うそざわ あんず)の三人で、〈深海に行ける隠し通路〉があると噂される博物館に行く。

博物館の地下室に行き、そこで三人は、地下へ続く隠し階段を発見。降った先にあったのは……三人が想像していなかった神秘の世界。深海生物の顔を持つ人々が暮らす〈深海町〉という不思議な町だった。



この物語は、〈深海町〉を舞台に繰り広げられる、小学生と、深海生物の顔を持つ人たちの、不思議でちょっぴりホラーな物語。

読んだら深海生物に詳しくなるかも……?
24hポイント 106pt
小説 5,110 位 / 63,628件 児童書・童話 60 位 / 1,231件