上 下
16 / 46

お昼ご飯

しおりを挟む
 ラブラちゃんと食堂でお昼ご飯を食べています。
 勿論キャサリンちゃんも一緒です。

「薔薇姫様!何故庶民クラスの方とご飯を食べているのですか?」
「駄目ですの?お友達とお昼ご飯を食べるのが夢でしたが………私ごときが友達とお昼ご飯だなんていけませんでしたか?」
「ち、違います!!私達がでしゃばったまねをいたしましたわ!」

 さっきから貴族の可愛い女性に注意をされます。
 やっぱりラブラちゃん達に迷惑かも?

「私、席を代わった方が良いかしら?」
「大丈夫です!一緒にお昼ご飯食べましょう!!」

 キャサリンちゃんは優しい。
 ラブラちゃんは少し顔がひきつっている。
 なんかすまぬ。

「ご一緒しても良いかな?」
「あ、ド変態」
「止めろ。謝るから止めてくれ」

 王子が登場して二人がフリーズしてしまった。

「最近カーディナルは俺に冷たすぎるぞ!ココルには会いに行ってるらしいな」
「ココル姫は私の癒しですから!可愛いのですわ!」
「俺と結婚すればココルがお前の妹になるぞ」
「大丈夫です。間に合ってますわ」
「間に合うってなんだ?」

 王子は構うことなく私の横に腰をおろした。

「ヤードとココル姫が結婚すればココル姫は私の妹、私はド変態とは結婚する必要がなくなる。一石二鳥と言うやつですわ!」
「は、はぁ?ヤードラルはココルとそんな関係なのか?」
「いえ………でも、ココル姫はヤードが大好きですし……なるようになりますわ!」
「どうにかする気だな」
「まさか、可愛い弟に幸せになってほしいだけですわ!」
「嘘をつけ、そんなに俺が嫌いか?」
「………嫌いか嫌いじゃないかと聞かれれば………」
「止めろ!お前は俺を簡単に切り捨てる類いの人間だからな!兄妹揃って酷いやつらだ!」

 私はニコニコしながら言った。

「私は別として、お兄様を侮辱するなら目潰しいたしますわよ」

 私を見ていた王子はサッと視線をそらした。

「バートばっかり」
「愛するお兄様ですから………それより、お兄様はどこですの?」
「………バートばっかり!!」

 王子は拗ねたようにラブラさんの方を見た。

「お前も、カーディナルと友達では大変だろ」
「い、いえ………」

 ラブラちゃんが緊張していますよ。

「ラブラさんは大事なお友達ですので、何かしたら殺します」
「お前ら家族は王族に対して殺す殺す言い過ぎだ!」
「………ブラウド様には一度も言ったことが御座いません!!」
「叔父上以外には言ってるのか?そっちの方が問題あるだろ!」
「………そうですわね!って訳で私との婚約話は取り止めでお願い致しますね!」
「何でそうなる!!」
「何でそうならないんですの?訳が解りません!早く候補からはずしてくださいませ!!家族全員それを望んでいますのよ」
「お前らそれが狙いか!」

 王子と私がにらみ合いをしているとラブラちゃんが小さく言った。

「婚約?」
「聞いてくれるか?カーディナルは昔俺と婚約する予定だった。それをコイツは『貴方のようなアホ王子との婚約はこちらから願い下げですわ』とか言って断りやがったんだ」
「アホと婚約関係を結ぶほど私、暇では御座いませんの!」

 私がニッコリ笑顔を作るとそこにお兄様が現れた。

「楽しそうな話をしているね」
「はい!お兄様!」
「楽しくな~い!」

 お兄様はニコニコしながら私の頭を撫でてくれた。
 私達はそのまま同じテーブルでお昼ご飯を食べたのだった。
しおりを挟む