黄泉比良坂にて君想ふ

「――あぁ御桜! やっと会えました!」
 少女はブランコから勢いよく立ち上がるや唐突に、俺へとその身を投じた。
「んぅッ!?」
 次の瞬間。俺の口唇は、お約束のように少女の小さな口唇によって塞がれてしまっていて。
 今年30歳を迎える『須佐納 御桜』こと俺は、自宅近くの公園で『舞夜』と名乗る少女と出会った。
 春先を控えた3月下旬の寒空のもと。白いワンピースを身に纏い、妙に戯れついてくる少女の髪は銀髪。俺の知り合いに銀髪の知り合いなど居るわけもなく。
 戸惑いと既視感に翻弄されながら。強い結び付きが再び二人の運命を大きく動かしていく。


 ~唯美~ 3 ).⑧ 『 犬パンチ 』
「わたしの身体、変じゃないですか?」
「大丈夫。すごく綺麗に成長してるから。」

 ~佳宵~ 5 ).⑤ 『 月光浴 』
「お月様と同じくらい綺麗なお姫様を助けるのに。理由なんかいらないだろ?」
「みおうって、へんなひと。」

 ~深更~ 6 ).⑲ 『 雪肌 』
「わたしから。みおうにあげられるものなんて、ありますか?」
「“全部”だ。俺は、君の“全部”が欲しい。」
 
 ~皆既~ 9 ).? 『 ??? 』
「お前、それ。」
「この力は白羽から受け継いだもの。黒羽を守ってやるための力だったんだ。でも今は、舞夜ちゃんを守るために振るう力だ!」

 ~??~ ? ).? 『 ??? 』
「…お兄ちゃんは本当に、どうしようもないくらいのバカだよ。」
「5年振りの再会だっていうのに、相変わらず手厳しい妹だよな月虹ちゃんは。」

 小説家になろう様 ~ミッドナイトノベルズ~ にて最新話公開中です。
24hポイント 214pt
小説 4,052 位 / 77,252件 ファンタジー 1,010 位 / 22,291件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

人生七回目、さすがにもう疲れたので好きに生きます

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:57674pt お気に入り:8301

盲目の公爵令嬢に転生しました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:660pt お気に入り:7067