鑑定のサダメ

 江戸時代。物が人の価値を決める、名品がお家の価値を決める時代。
 物品至上主義な社会では、それぞれ専門の鑑定家が重宝されていた。
 特に武家社会では、刀剣の真贋を見極められる「鑑定係・刀剣改番」の存在が必須だった。

 江戸の下町には、幼い双子の姉弟が店を切り盛りしていた。
 少し勝ち気でしっかり物の姉のアヤメと、弱気だけど大人顔負けな鑑定眼をもつ弟のサダメ。

 刀剣を巡る事件を、双子姉弟が解決していく!
 
24hポイント 0pt
小説 124,216 位 / 124,216件 歴史・時代 1,407 位 / 1,407件