自分の中の「反転アンチ」に向き合おうとした男の話

「昔、イリアムに一人の男がいました。彼は若く、またバカでしたが、とても心配性で、常にいろんなことに考えを巡らせながら生きていました。」
 その男の顛末を見て、我々は彼を笑うことができるのでしょうか?
 バーチャル配信アプリの「IRIAM」というところを舞台にしています。その設定自体にはそれほど深い意図はありませんが、「ガチ恋距離」をキャッチコピーにしているアプリだということは、知っておいても損はないでしょう。アプリとしてはおすすめです。
24hポイント 99pt
小説 8,549 位 / 99,890件 現代文学 61 位 / 5,223件