七回目は幸せなメリーバッドエンドを

「実はこれはゲームの中の世界で、僕はその中の悪役令息という存在なんです」

ある日、小国の第三王子であるリチャードは、婚約者である公爵令息のリュミエールにそんなことを言われた。
リュミエール曰く、数ヶ月後、異世界からやってきた聖女にリチャードは心奪われ、嫉妬に狂って聖女を殺害しようとしたリュミエールはリチャードに断罪されてしまうのだという。
しかも、もう何度もやり直しを繰り返しており、何度も最悪な終わりを迎えているらしい。
混乱しながらもリュミエールに愛を告げるリチャードに、リュミエールは美しく微笑んでこう言った。
「僕は愛するあなたを突然現れた聖女なんかに渡したくはありません……なので、あなたをメス堕ちさせて孕ませることにしました」
──その後、突然の眩暈に襲われて気を失ったリチャードが悪夢から目を覚ますと、リチャードはベッドの上に拘束されていた。

◇悪役令息×第三王子。年下×年上。
無愛想?な美少年×なんだかんだちょろい美形。

※同性同士でも結婚や妊娠が可能な世界。魔法とかもちょっと出てきます。
※残酷な描写、軽度の無理矢理、メス堕ち、淫紋、男性妊娠などなどあります。苦手な方はご注意ください。
24hポイント 695pt
小説 2,278 位 / 148,730件 BL 476 位 / 17,118件