「勇者召喚されたけど自分だけがハズレ勇者でハードモードで魔法もスキルも無かった」のコンテンツを見ている人は他に…

神様のミスによって命を落とし、転生した茅野巧。様々なスキルを授かり異世界に送られると、そこは魔物が蠢く危険な森の中だった。タクミはその森で双子と思しき幼い男女の子供を発見し、アレン、エレナと名づけて保護する。格闘術で魔物を楽々倒す二人に驚きながらも、街に辿り着いたタクミは生計を立てるために冒険者ギルドに登録。アレンとエレナの成長を見守りながらの、のんびり冒険者生活がスタート! ***この度アルファポリス様から書籍化しました! 詳しくは近況ボードにて!
24hポイント 46,363pt
小説 29 位 / 50,777件 ファンタジー 15 位 / 16,641件
文字数 248,465 最終更新日 2019.07.15 登録日 2016.06.02
「また転生してしまった」 とある赤ん坊レクスは、英雄と賢者という二つの前世を持つ転生者だった。 「今度の人生では陰謀や騒動に巻き込まれないように気をつけよう」 前世の記憶から目立つ事の危険を学んでいたレクスは地味に生きる事を誓う。 「そして前世からの憧れの職業、自由の象徴である冒険者になるんだ!」 念願叶って冒険者となったレクスは、目立たない様地味な依頼で日銭を稼ぐ毎日を満喫する。 「すみませーん、薬草採取してたらドラゴンに襲われたんでついでに狩ってきましたー」 レクスは気づいていなかった。 自分の地味が滅茶苦茶派手だという事実に。 「それにしても冒険者ランクって簡単にあがるんだなぁ」 それに気づかない少年は今日も平然と周囲の人間の度肝を抜く。
24hポイント 9,523pt
小説 3 位 / 19,171件 ファンタジー 3 位 / 7,371件
大まかな紹介↓ Every Holiday Online 毎日が祝日のように楽しめるこのVRMMOを、一つの家族が楽しんでいる。 その剣の腕前から、"剣皇子"と呼ばれる息子 あらゆる動物と心を通わせ、"神獣の友"と呼ばれる娘 圧倒的な癒しの力から、"聖母"と呼ばれる妻  ――そしてそんな家族を支える、"DIY(Divine Invention Yearner)"と呼ばれる夫 これは、そんな彼らのVRMMO記である。 内容紹介(verお父さん)↓ 俺はただ、DIYがしたかっただけなんだ。自分の趣味に合った物を作り、家族がそれを使ってくれる……そんな普通のDIYを求めた筈なんだ。 なのに……何がどうしたら星の再生をすることになるんだよ! おまけにすぐに死ぬような体って、色々とおかしいだろ! お父さんメインです 不定期更新です。
24hポイント 189pt
小説 207 位 / 19,171件 ファンタジー 120 位 / 7,371件
恋愛 連載中 長編 R18
☆不定期更新です☆ しがないOLの亜百合は、天使の手違いでトラックに轢かれて即死してしまい、女神により異世界転移された。 相手を魅了して、意のままに操ることができる特殊能力「テンプテーション」を付与され、目覚めた場所は… 超絶イケメンのベッドの中でした。 能力は勝手に発動するし、魔力供給をするには、えっちをしなきゃいけないなんて、聞いてない! 超絶イケメンは絶倫で、朝昼晩求められて困っちゃう! しかも、彼もまさかの……!! ※はこスミレお約束、ハッピーエンドです。 ムーンライトノベルスにも掲載しています。
24hポイント 16,771pt
小説 95 位 / 50,777件 恋愛 52 位 / 12,066件
文字数 138,755 最終更新日 2019.07.17 登録日 2019.05.28
【カドカワBOOKSから書籍版の刊行が決定しました!11月10日発売予定です。】  事故で死亡したらしく、異世界「迷宮国」に転生することになったアリヒト=アトベは、転移先に出る際案内役と名乗る女性から「探索者の札」を渡される。転移者は全員が迷宮探索者となり、それ以外の生き方を許されないという少々ブラックな世界であると知ったアリヒトは、とりあえず探索者のならわしに従って、札に希望する職業を書くことに。適性があればその職業に就くことができるというのだが、アリヒトは「優秀な後衛が不足している」という話を聞いて、職業欄にそのまま「後衛」と書いてしまう。魔法使いでも射手でもない、迷宮国に今まで存在しなかった職業「後衛」に就くことができてしまったアリヒトは、色々と試しながら「後衛」という職業の持つスキルの有用性、応用性を発見し、理想のパーティメンバーたちを見つけて、探索者の序列を駆け上がっていく。
24hポイント 4,903pt
小説 15 位 / 19,171件 ファンタジー 14 位 / 7,371件
 どこにでもいる学生の従野勇はある日、絶対絶命な状況に追い込まれている女魔王セラに『勇者Lv99』持ちだと勘違いされて異世界へと召喚させられる。服従の契約が終わってから見間違いだった事に気がついて絶望する魔王だったが、『勇者Lv99』と見間違えられた『従者Lv99』は主の命令と自身の意志が一致した時にその命令を確実に遂行するための大きな力を得る強力なスキルだった。 「私はただ静かにお料理でもしながら暮らしたいだけなのに……」  そんな女魔王様の意志に反して二人は大陸全土を巻き込む大きな戦いの流れに飲み込まれて行く。
24hポイント 66pt
小説 497 位 / 19,171件 ファンタジー 254 位 / 7,371件
恋愛 連載中 長編 R18
気がつくと大人気ゲーム「花咲ける乙女~エンジェルパラダイス~」の中にいた私。 鏡で確かめたらビジュアル的に悪役令嬢メアリローズってキャラになっていたけど、人から恐れられ疎まれる人生なんていやっ。 でもゲームをしていないからどう回避したらいいかわからない! はっ、主人公発見! 隠れます! はっ、攻略対象発見! 隠れます! ……なんでこっちに来るのっ? いやっ、あっち行って! ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ アラサー女子の異世界転生(憑依?)ものです。 それなりに恋やら情事やらを経験してきたアラサー主人公が、 なんの因果かR18指定乙女ゲームの世界に迷いこみ、 肉食過ぎる攻略対象たちに押して押して押し倒されまくります。 その両者必死の攻防をお楽しみください。 注意) エロ目的のストーリーではありません。 あくまで主人公を取り巻く恋愛話です。 R18は保険です。そうなっても表現は軽めの予定。でも予定はあくまでも予定です。 タイトルにあえて印はつけません。 苦手な方はスルーでお願いします。 お好きな方はドキドキ期待しながら読んでください♪ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 文章練習用のため、一話500文字台という制限を設けて作成しております。一話が短いですがご了承ください。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 7/9(火)追記 キャラクターの性的嗜好にBDSM要素があることがわかりました。 私も理紗もビックリしております。 BDSMは和訳すると嗜虐的性向(しぎゃくてきせいこう)といい、拘束・体罰・支配・服従の頭文字からなるプレイの総称またはその精神です。 ただの虐待とは違い、双方が合意の上で、信頼しあい行うことです。 とても尊い行為と解釈した上で書いていきます。 この物語ははちゃめちゃな設定ですがキャラ同士には、愛や好意がかならずからみます。 あまり濃厚なプレイは書きませんし、痛いこともさせません。 ですので怖がらず、勇気を持ってページをめくっていただけたらと思います。
24hポイント 23,346pt
小説 67 位 / 50,777件 恋愛 36 位 / 12,066件
文字数 36,983 最終更新日 2019.07.18 登録日 2019.07.08
BL小説「愛してるっていってない」のえろまんが。簡単作画。白い。
24hポイント 7pt
漫画 98 位 / 141件 R18女性向け 54 位 / 70件
9ページ 最終更新日 2017.11.06 登録日 2017.11.03
※書籍化決定※【人と魔族が争って勇者が魔王を討伐……】なんてのは遠い昔の話。 現代では冒険者も魔族も勇者も魔王も命を懸けない職業に過ぎない。 世界が平和になり、ダンジョン攻略がエンターテインメント化した時代。 冒険者も魔物も魔力で作られた分身を用いて戦う、誰も死なないダンジョン攻略が大人気に。 大陸中で攻略映像が配信されている中、僕の所属する勇者パーティは世界第四位の人気パーティだった……のだが。 パーティーメンバーは五人という規程があり、黒魔導士なんて不人気ジョブは三位以上に登りつめるには邪魔だと言われてしまう。 そうして無職になった僕は次のパーティーを探すがまったく見つからない。 ある日、そんな僕の前に金髪紅目の美女が現れて仕事があると言った。 かつての仲間よりも能力を高く評価してくれた美女に感激した僕は、詳しい内容を聞く前に面接を受け入れてしまう。 足を運ぶとそこは最深部到達パーティーゼロを誇る最高難度ダンジョン・魔王城で、四天王と魔王が僕を待っていた。 これは勇者パーティーを追い出された黒魔導士が、魔王軍に入り勇者たちを撃退する側に回る話。
24hポイント 32,451pt
小説 1 位 / 19,171件 ファンタジー 1 位 / 7,371件
BL 連載中 長編 R18
オメガバース】豊かな自然に囲まれた全寮制男子校に通う多生遥は、自分がオメガであることを周囲に隠して生きている。親の顔も知らずに育った彼は、何事もなくひっそり生きていくことを望んでいた。もしオメガであることが知られたら、発情期のたびに誰かに犯されるかもしれない。それは、遥にとって何よりの恐怖だった。 そんな遥が三年生に進級した春、新入生の中にアルファがいたのだ。そのアルファは前嶋澄王と言い、世界でも名が知られている前嶋カンパニーの御曹司である。その澄王が自分の番であることに気付いてしまった遥は、必死になって彼との接点をなくそうとしていた。 ところが、入学式の翌日、早々に遥は澄王と対面することになってしまった。住む世界が違う澄王と接することで必死に守ってきた小さな世界が壊されてしまうことに怯える遥であったが、澄王はひどい鼻風邪を患っていて匂いがまったく分からないと言う。 お互いが発する匂いによって番であることを認識するこの世界において、鼻が利かないことは致命的なことだが、遥にとっては不幸中の幸い。 しかし、物事は遥の思うようには進まない。その後も遥は澄王から身を隠そうとするけれど、なぜか彼は遥の居場所を探り当てる。意外な場所で身を隠している遥に、「まるで、宝探しをしている気分になりますね」と、澄王は優しい笑顔で言ってくるのだった。
24hポイント 984pt
小説 53 位 / 19,171件 BL 5 位 / 904件