勇者の消えた国で、貧乏くじを押し付けられたのは聖女の私だった

昔、この国には最強の勇者が居た。
「居た」という過去形なのは、今はその勇者が居ないから。
勇者が消えた全ての責任を押し付けられたのは、かつて勇者と魔王討伐の旅をしていた聖女の私だった。
24hポイント 35pt
小説 15,219 位 / 111,452件 恋愛 6,439 位 / 31,234件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

余りモノ異世界人の自由生活~勇者じゃないので勝手にやらせてもらいます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:137620pt お気に入り:17378

悪役が本気出して何が悪い!

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:99pt お気に入り:70

愛する貴方の心から消えた私は…

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:158089pt お気に入り:7321

いずれ最強の錬金術師?

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:8562pt お気に入り:32743

警察の罪

エッセイ・ノンフィクション / 連載中 24h.ポイント:35pt お気に入り:0

私を追い出すのはいいですけど、この家の薬作ったの全部私ですよ?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:122028pt お気に入り:11167

その“婚約破棄”を待ち望んでおりました。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:31525pt お気に入り:3546