つらさや苦しさを抱える人を支援したいと綴った詩集

生きていく中、さまざまな理由でつらさや苦しさを感じている方々を支援したいと思い、書いた詩集です。私の詩が、1人でも誰かの力になることができたら幸いです。
<目次>
1:「後悔ばかりの君へ贈る言葉」
2:「今、“消えてしまいたい”と泣いている君へ」
3:「ましろな君を、支えたい」(テーマ:ネグレクトと保健室)
4:「私だけの音」(テーマ:補聴器をつけた女の子とアイデンティティ)
5:「ハンディキャップを抱える君へ」
6:「届けられない、“僕”のキモチ」
7:「それでも君がいい」
8:「“君”という奇跡」
9:「僕の、生きる意味」
10:「君には、もう会えない」

*本作品は、エブリスタ様、pixiv様、小説家になろう様、note様にも投稿させて頂いています。
24hポイント 0pt
小説 125,812 位 / 125,812件 現代文学 6,251 位 / 6,251件