上 下
21 / 21
一章 立花(戸次)道雪の初陣 大永6年(1526年)

拾漆 馬ケ嶽城の戦い-後編-

しおりを挟む
しおりを挟む

この作品の感想を投稿する

みんなの感想(2件)

さかい
2020.05.24 さかい

面白い

和本明子
2020.05.26 和本明子

ご拝読ありがとうございます!遅遅ながら執筆しておりますので、引き続きお楽しみしていただければ幸甚です。

堅他不願(かたほかふがん)

 『道に落ちた雪は消えるまで場所を変えない』と号した立花道雪の義の進路、大いに堪能しています。

和本明子
2019.05.29 和本明子

コメントありがとうございます!亀が歩む速度よりも遅筆ではありますが、末永くお付き合い、お楽しみしていただければ幸甚です。