俺のお母さんは世界最強の大賢者 ~勇者パーティーを追放された荷物持ちの俺、お母さんに事情を話したら冒険者ギルドに【カチコミ】に行きました~

「グレン、お前はクビだ! この勇者パーティーから出て行け!」

 ある日、荷物持ちのグレンは勇者であるアレスにクビを言い渡される。

 理由は荷物持ちのくせに、満足な働きができなかったからだった。

 くそっ、俺は頑張って荷物持ちをしてきたんだぞ。

 などと思っても遅かった。

 余計なことを言ったことで殺されそうになったグレンは、家に帰るなり元大賢者の母親に事情を話す。

「はあ? いきなりクビでパーティーから追放ってどういうことやねん!」

 事情を知った元大賢者の母親は怒り狂い、グレンを連れて冒険者ギルドへと向かう。

 その後、元大賢者の母親による冒険者ギルドでのカチコミが行われることとなる。

 当然ながら単なる荷物持ちだったグレンは、事の成り行きを盛大に心の中でツッコみ続けた。

 やがてすべてが終わったとき、なぜかグレンは冒険者たちの神と呼ばれる存在になってしまう。

 これは後世において、魔王を倒した荷物持ちの物語?
24hポイント 21pt
小説 22,115 位 / 144,170件 ファンタジー 3,696 位 / 34,674件