AI執事と呼ばれまして。

「このまま私(わたくし)に意識を沈められるか、それとも私(わたくし)と同じ執事になるか、どちらがいいですか?」

とある屋敷に、ヤンキーから執事見習いなった青年がいた。
主人の命令によって、新人メイドが他の主人に売られることになってしまう。
クビを覚悟でメイドを助けた青年の元に、突如、師である執事が現れる。
師の助けにより大貴族の屋敷で雇用されることになった主人公だったが、一つだけ条件があるという。
それは、「AI執事として働き、人間とバレてはいけない」というものだった。
バレたら即クビ。
しかし、主人公は新しい主人である女の子に一目惚れしてしまい――?

AI執事のフリをして働くことになったヤンキー執事と、主人であるお嬢様のお話。

※イラストはソラ様よりお借りしております。
サイト→https://www.pixiv.net/artworks/61642473
24hポイント 0pt
小説 80,473 位 / 80,473件 キャラ文芸 1,904 位 / 1,904件