境界の鎮魂師 ―貴方の未練、晴らします―

その日、僕の学校で、一人の少女が死んだ。
現場の状況から警察は自殺と断定したが、遺書すら残されていないその突然の死に、学校中が暫く騒然となった。
葬儀が終わっても、学内はその話題で持ちきりだった。けれど、皆が事件についての憶測を口々に喋りながら登校する中、その輪に加わることもせず、一人校舎を見上げて佇んでいる少女が居た。
名前も知らない同級生と思しきその少女は、校舎に語りかけるように、或いは決意表明のように、すれ違った僕にしか聞こえない程度の声で、たった一言呟いた。
「貴方の未練、私が晴らしてあげる」

*****
荒魂となった死者の魂を鎮めるため、ありとあらゆる死の真相を究明していくオカルトミステリーヒューマンドラマです。
24hポイント 0pt
小説 43,153 位 / 43,153件 キャラ文芸 1,254 位 / 1,254件