殿下、もう婚約破棄しませんか?

ここは夜会。

「殿下、もう婚約破棄しませんか?」

《婚約破棄》この4文字を告げるためにここに来ましたもの。
でなければこんなむさ苦しい夜会なんかに来ませんよ?

あらあらわたくしの口から《婚約破棄》という言葉が出てくるのが不思議なようですね。
みなさん口をポカンと開けており会場は水を打ったかのように静まり返りました。

そしてわたくしが婚約破棄を告げた相手……この国の第二王子であるレイモンド・シーランド様はなぜかわかりませんが悲しげにこちらを見てきます。
あれ?涙目になっていません?

後でいつも懇意にされている令嬢たちに慰めて貰えばいいでしょう。
婚約者から婚約破棄を言い渡されてショックなのでしょうがもう知りませんわ。
別れを告げようとする時、殿下は大声で叫びました。

「なぜだ?どうしてこんなことをする?」

自分のしたことを振り返ればすぐわかりますのに。
だって……愛されないのは嫌なのよ……

*王子に恋をするのもやめた令嬢と拗らせ王子の物語です。
恋愛描写が下手っぴなのでお許しください!





24hポイント 35pt
小説 18,644 位 / 144,469件 恋愛 8,735 位 / 45,186件