キーマン

父を亡くしたのをきっかけに、一時的に実家に帰省した荻田宗一郎は、かつての同僚――松末広宣と再会する。
しかし松末はすっかり変わってしまっていた。一度として見たことがない笑顔、聞いたことがない敬語を身に付けた彼は別人みたいだった。
再会したのをきっかけに、二人は居酒屋で飲み明かすことになる。その中で松末は小説を執筆していると打ち明けた。その小説は実体験を元にしており、鍵を渡してくる笑顔の男に出会ったという内容だった。
宗一郎は松末に頼まれて小説の参考になりそうな資料を集めることになる。そして、鍵を渡してくる笑顔の男――『キーマン』の正体に興味をもつようになる。



※この作品はカクヨムにも掲載されています。
24hポイント 0pt
小説 99,366 位 / 99,366件 ホラー 3,606 位 / 3,606件